パソコンはどっち?デスクトップとノートの違い

フリーランスとして仕事をするのなら、パソコンは必須のアイテムですね。ただ、これからパソコンを選ぶのなら、デスクトップかノートタイプかを決めていますか?どちらにするかで向いている仕事も変わりますので、購入前にきちんと理解しておきましょう。

パソコン

ノートとデスクトップはそんなに違うの?

ノートとデスクトップ

フリーランスとしてすでに活動をしているのなら、当然パソコンはお持ちでしょうし、これから仕事を開始するのなら、すでに購入機種を検討しているでしょう。それ自体は当然のことですね。

ですが、パソコンについて詳しく無いのに「とりあえず仕事で必要だから…」と使っていたら、自分に最適かどうかもわからずに使い続けることになるでしょう。それは、快適な仕事環境とは言えませんよね?

特に、仕事によって,ノートパソコンいいかデスクトップがいいか、おすすめが違ってきます。双方にどんな違いがあるのか、それを理解してから仕事の相棒を選びましょう。

 

小型で場所を選ばないノートパソコンの利点

まずノートパソコンの特徴についてですが、こちらは『小型で場所を選ばないので、持ち運びに優れる』となっています。

重量も機種によりますが、1キロ程度と軽量なため、パソコンを持ってカフェなどで仕事をする、いわゆるノマドワーカー的な利用も可能です。得意先に持ち込んで、プレゼンテーションなどに使うことも可能でしょう。

基本的にコンパクトな分,性能は控えめですが、ある程度高価格な機種はプロ仕様とも呼ばれており、ハードな使い道にも耐えられます。ただ、高性能だと重くなる傾向があるので、持ち運びにはバックパックなどを利用しましょう。

 

高性能でバッテリーの心配無用なデスクトップパソコンの利点

それに対してデスクトップパソコンの特徴とは、『高性能でバッテリーの心配が不要』という点です。また、利用するディスプレイにもよりますが、大画面での作業も可能となっています。

デスクトップパソコンはノートパソコンに比べて、大きなパーツが積める分、単純に性能も高くなっています。同じ価格で同じメーカーのパソコンを購入してみても、デスクトップのほうが断然快適に使用できるでしょう。

当然持ち運びには向きませんが、ディスプレイとは別のタワー型デスクトップの場合、本体がスリムなことが多いです。そのため机の上が散らかりにくいというメリットもありますので、持ち運びはともかく置き場所に困ることは少ないといえるでしょう。

 

仕事による負荷でどちらにするかを決めよう!

以上のことから、『仕事での負荷によってパソコンを選ぶ』というのが、最も正しい選択だといえるでしょう。

例えば文字入力とメールの送受信がメインなら、持ち運べるノートパソコンが良いです。軽作業ならハイスペックである必要性はほぼありませんから、取り回しを重視したほうが、身軽に仕事ができますね。

ですが動画や画像の編集が必要となれば、パソコンにかなりの負荷がかかります。そうなるとデスクトップパソコンのほうが、快適に作業できる上,バッテリーの減りも気にすることがありませんから、総じて仕事が楽になるのです。

自分の仕事の業務内容をしっかりと整理して、必要十分なパソコンを選んでくださいね。

 

page top