時間の管理はきっちりと!腕時計で変わる生活とは

フリーランスとして働く場合、時間の管理を怠っていると、ルーズな生活習慣になりがちです。それを避けたいのなら、時刻をこまめに確認をするために、腕時計を活用してみましょう。スマホで確認するのとは違い、あなたの生活にメリハリが出やすくなります。

腕時計

不規則な生活は健康にも悪影響が!

不規則な生活

会社員の場合、毎日就業時間が決まっていることもあって、自然と規則正しい生活が送れるでしょう。ですが、フリーランスだと無理に早起きする必要もありませんから、「もうちょっと寝ていいや…」と二度寝しがちです。

それだけならまだしも、夜は眠れないからと夜更かししてしまうと、生活習慣の悪さからさまざまな病気にかかりやすくなります。単なる風邪ならまだしも、男性ならEDのような大病にかかることもあり、全く油断できないでしょう。

その場合はバイアグラなどを処方してもらう必要もあり、最近はジェネリック医薬品などを専門医に相談できるので、金銭的な負担は軽減されてきました。ですが、やはり罹る前に予防したいのが病気であり、そのために腕時計が有効なのはご存知でしたか?

 

腕時計こそ最もパーソナルな時間管理ができます

最近は時間を確認するだけなら、スマートフォンで済ませるという人が非常に増えてきましたね。確かになんでも一台でこなせるというのは魅力なのですが、時間を確認するたびにスイッチを入れるというのは、面倒ではありませんか?

その点、腕時計を着用していると、時間管理がそんな面倒はありません。さっと時間を確認して「そろそろ区切りが良いから休憩しよう」と判断することができるので、意思決定までの時間も軽減できるのです。

また、タイマー付きの腕時計の場合、仕事と休憩の入れ替わりをセットしておけば、メリハリのある行動も促せます。これは些細な機能かもしれませんが、ただ単に頭で考える場合と比べて、切り替えがしやすいのです。

 

運動を助ける腕時計ならなお良し?

腕時計には運動を助ける機能が付いたタイプも多く用意されており、それらは耐久性が高いだけではありません。ストップウォッチや活動計測機能が搭載されていると、ヘルスケア面でも活用が期待できます。

「運動するくらいなら仕事してたほうが良くない?」と考えるかもしれませんが、それはあまりにも短絡的な意見です。フリーランスはその気になれば一日中でも仕事ができますので、放っておけば運動不足になるのは自明の理ですね。

そして運動をしないと病気になるというのも、当然の結論です。腕時計に運動計測機能が付いていれば、「せっかくだし体を動かそうかな?」と考えやすくなりますので、空いた時間を有意義に使うことが可能になるでしょう。

 

フリーランスならスマートウォッチを使うのもあり!?

また、フリーランスの予定管理や仕事でも欠かせないスマートフォンですが、こちらと連動する腕時計もあります。それらを『スマートウォッチ』と呼び、腕時計で電話やメールの確認が可能となっているのです。

そしてスマートウォッチでももちろん時間の確認ができますので、本体ともいえるスマートフォンをわざわざ操作することも減り、時間の節約と管理が容易になります。フリーランスならではの活用法が、この特殊な腕時計でできるのです。

時計をただ単に用意するだけでなく、こまめに、そして無駄なく確認しておき、フリーランスだからこその有意義な生活を送りましょう。

 

page top