名刺は自分で作ってしまおう

フリーランスとして名刺は非常に重要なアイテムになることをご存知でしたか? 名刺は自分をPRするために大きな武器になります。意外に簡単に名刺を作ることができるみたいですよ。

名刺

フリーランスにだって名刺は必要

フリーランス

仕事をする上で、サラリーマンだろうとフリーランスで働いている人だろうと、やっぱり名刺は必要アイテムではないでしょうか。自分がどんな仕事をしているのか、それを一枚の名刺で相手に伝えることができるのですからメリットは大きいですよね。

名刺は顔です。フリーランスだからこそ、名刺にこだわりを持つことが重要です。色んな人の手に渡る名刺をどのように作ったらいいのか考えたとき、色んなコンテンツを見比べると思いますが、今回は、名刺や案内状等を専門にしている印刷会社「ビスタプリント」をご紹介したいと思います。実際にビスタプリントで名刺を作った方々の体験談を元にお話します。

 

ビスタプリントを選んだ理由は

実際に選んだ人たちの声を集めてみると、名刺のデザインだけでなく、サイトのデザインも判断材料にしたという声が多いことに驚きました。確かに、自分が名刺を受け取ったとき、見にくいもの、読みにくいものはあまり嬉しくないですよね。

そこに何が書いてあるのか、ぱっと見て分かるような名刺が好まれます。利用するサイトも同じで、どこにどんなコンテンツがあるのか分かりにくいようなサイトでは使い勝手が悪くてイライラしてしまいます。名刺もサイトも分かりやすい、という意味でビスタプリントを選んだ人が圧倒的に多いようでした。

 

ビスタプリンタで名刺を作る方法

ビスタプリントでは、驚くことに今現在で6,000種類以上もの名刺のデザインテンプレートから選べるようになっています。これだけ数が多ければ自分の理想にピッタリのデザインを見つけることができます。デザインを選択した後は色を選択。

名刺を編集するという項目では、どこに写真をプリントするか、住所や名前はどこにプリントするかなど、自由にデザインすることができます。デザインしたものはプレビューでその仕上がりを確認できます。人の手も一緒に表示されるので、どのぐらいの大きさなのか分かりやすいのも助かります。すべて決めたら、そのまま注文すればOKです。注文してから手元に届くまでは、だいたい4~5日ぐらいです。名刺100枚分が1,600円ぐらいでできます。

 

名刺に盛り込むべきオススメ内容とは

フリーランスとして名刺を作るとき、たくさんのことを伝えたいためにゴチャゴチャとプリントするのは絶対にNGだと言います。必要最低限「肩書き」「名前」「写真」「自己PR」「連絡先」この5つがあれば十分なのだとか。あとは公式サイトやfacebookなどを持っている場合は、それを読み取るためのQRコードがあると便利だという話でした。特に写真は顔を覚えてもらえますし、自己PRは親近感を抱いてもらえるというメリットがあるみたいですよ。

いかがでしたか? 意外に簡単に、そしてお得に名刺を作ることができます。デザインはそのままで、季節に合わせて色を変えているという方もいましたよ。名刺交換で自分をPRすれば、さらに仕事の幅が広がることでしょう。

 

page top