収入が不安定なフリーランスの悩みを解消させるために

フリーランスとして働く際、一番気になるのは「不安定な収入」です。会社勤めとは違って、安定した給料もボーナスもありません。それでもフリーランスとして独立したいなら、不安定な収入に対する対策を知っておくことをオススメします。

収入が不安定なフリーランス

フリーランスになる前の対策

フリーランスになる前の対策

初めに「貯金があるかどうか」ということです。フリーランスとして仕事を始めたときから、これまで会社勤めで受け取ってきた給料と同じ額を稼げるとは限りません。保証がないわけです。そのため、不安定な収入でも生活していけるように、一ヶ月どれだけあれば生活できるか、トータルすると1年間でどれだけ必要なのかを計算するのです。それだけの貯金があれば、フリーランスとして地盤を固めていくことが可能と言われています。最低でも半年分の貯金は確保したいところです。

それから不安定な収入を補うために副収入も確保するといいと言われています。当たり前のことですが、副業が忙しくなってフリーランスとしての仕事がなかなかこなせないというのは問題外です。そのため、フリーランスとしてすでに働いている方々の中には、賃貸物件を貸し出して家賃収入を得ている方もいるそうです。不動産投資は理想の副業と言われています。管理は管理会社に任せておけばいいので、不労所得として自分では時間をかけずに収入を得ることができます。

フリーランスになる前に、フリーランスになった場合の生活費をどのように確保するか、現実に目を向けることが大事です。

 

フリーランスになった後の対策

やはり人とのつながりはとても大切です。同業者同士のつながりはとても心強く、何かあったときに助け合うことができます。仕事量を調整することが難しいと言われているのがフリーランスです。ですから、同業者とつながりがあると、お互いに仕事をやり取りできる環境を整えることがあります。仕事がない時は仕事を譲ってもらい、仕事が多くて手が回らないときは同業者に仕事を回す。つながりがあるからこそできるのです。フリーランスとして安定した収入を得ている人は皆さん実践しているようですね。

それから仕事を請け負う得意先を一ヶ所に絞らないことも重要です。もしもそこから仕事がもらえなくなった場合、収入がゼロになってしまいます。そのため、一ヶ所に依存することは避けるべきです。もちろん、あまりにも得意先を増やすと今度は仕事をこなせないという状況になるので、多くても数ヶ所に絞っておくことをオススメします。

フリーランスの不安定な収入に関するお話をまとめてみました。せっかく自由に仕事ができるようになったのに、収入が見込めなくて生活ができないなんて、独立した意味がありませんからね。初めから安定した仕事ができるなんてありえない、というぐらいに思っておいたほうがいいでしょう。まずはあらかじめ準備をしておくこと、それからフリーランスとして働き始めた後も工夫や努力が必要であることをぜひ覚えておいてくださいね。

 

page top