Webクリエイター達の仕事術

フリーを目指したい方必見!!一読すればWebで活躍するクリエイター達の仕事術を得る事ができるでしょう。

Webクリエイター達の仕事術

【街中のいろんなものに触れてみる】


仕事術

Webデザイナーやコーダーなど、ホームページを作成する方は、サイトの背景やヘッダーの画像、サイト構成などを考えなければいけません。クライアントとの話し合いで決める場合がほとんどですが、なかなか納得のいかないデザインしか出来ない事もあるでしょう。

そんな時は、1度作業を中断して外に出てみるのが効果的なのだそうです。街中にある様々なものを視界に入れて、右脳に刺激を与える。もちろん、全く見つからずに帰る事もあるそうですが、何かしらヒントになりそうなものは頭に叩き込んでいるのだとか。

 

【何でも1度は試してみる】


Webライターの方は、自分の得意な分野の執筆が多いイメージもありますが、経験した事のないジャンルの執筆も依頼される事もあります。とあるライターは、質の良いものを書くために、経験したほうが書きやすい案件は1度体験してみるのだそうです。

クルマの情報発信の案件が来た時には、実際にディーラーや中古車屋などに行き、様々な車種のクルマを観察して詳細を調べたり試乗をしてみたりします。また、アダルト関係や性に関する案件の際には、実際にアダルトグッズやバイアグラなどを体験してみてから、執筆する事もあるそうです。

風俗ライターのように特殊分野の人たちは年季が入ってくるとバイアグラの助けを借りなくてはならないそうですが、その費用も馬鹿にならないようです。近い将来特許が切れてジェネリック品が出てくるという情報もありますが、彼らはそれを首を長くして待っているそうです。

 

【同じところで作業していても何も生まれない】


企画やアイデアなどを重要視する仕事は、「常に頭を働かせておかないと良いものは生まれない」と言われているようです。日々様々な事を観察して考える事で、質の高いものを作り上げられるのではないでしょうか??

先輩フリーランスの仕事術を生かして、効率の良い仕事をしていきましょう。

 

page top