税理士はフリーランスの強い味方!?経費管理をより確実にするには

フリーランスは自分で経理も行わないといけませんので、つい仕分けでもミスが発生しやすくなります。しかし税務署相手にそれは言い訳となりませんので、もしもこうしたミスを確実になくしたいのなら、税理士との連携が一番確実でしょう。

税理士
title

確定申告の穴をなくすなら税理士との連携を

税理士

例えば一般的な企業が確定申告を行う場合、全て事業主が行っているわけではく,経理部署で集計したものを会社の代表名で申告を行うという具合ですね。

しかし、フリーランスも事業主ですが,フリーランスの場合は,一人でやっていることが多いので、経理に関しても自分自身で行わなければなりません。仕事の合間を縫って経理をするというのは、楽になったとはいってもかなり時間を取られるもの。

そうした難しい経理で仕分けミスでもあれば、税務署に監査を受けて課税されてしまい、せっかくの利益も台無しです。そうした事態を避けたいのであれば、税理士との連携を考えてみではどうでしょう。

 

税理士と契約すればメリットがたくさん!

税理士というのは、名前の通り税に関するプロフェッショナルです。税理士と契約すれば,当然いくらかの費用は必要となるのですが、普段一人で活動しているフリーランスにとって,強い味方となることは間違いありません。

例えば、難しい経費の仕分けについても、気軽に質問が行えるようになります。「これって経費になるの?」とか、「これはどの区分として申請するの?」とか、経理業務における悩みをなんでも聞けるので、非常に頼もしい存在ですね。

ある程度の経理や仕分けは独学でもなんとかなりますが、それだと結構時間がかかります。フリーランスは空き時間でも雑用が多いので、税理士との契約は時間の節約としても期待できるでしょう。

 

税理士とはどこで契約できるの?

税理士と契約、もしくは相談をしたいというのなら、最寄りの事務所を訪ねたり、ネットから依頼したりするのが主な手段となります。また、会計ソフトを使っている場合、そのソフト提供元が紹介してくれるというケースもあります。

最寄りの事務所にお願いする場合、やはり直接相談できるというメリットがあり,心強いですね。いつでも気軽に経理全般について,相談ができる環境というのは、貴重なものでしょう。

もちろん、忙しい人はネットを活用しての契約も、悪くはありません。打ち合わせに電話を使っても良いし、今はチャットという手もありますから、契約する前にきちんと事前の打ち合わせも行いましょう。

 

確定申告の丸投げも可能!?税理士との契約内容を決めておこう

税理士との契約するといっても、どこまで自分でやるかによって,費用は違ってきます。普段は自分で帳簿を作成し、確定申告時にチェックだけしてもらうことも可能ですし、「忙しいから全部やっといて!」といったように、全て丸投げすることも契約次第では可能でしょう。

基本的に税理士が確定申告の補助をしてくれれば、仮に税務署の監査が入った場合でも、きちんと立ち会ってくれます。そして自分自身で説明するよりも、その道のプロが説明するほうが、圧倒的に説得力があるのは明白です。

大きな声では言えませんが、税務署も暇ではありませんので、収入が多い人ほど目をつけられやすいです。ゆえにフリーランスとして名を上げて収入も増えたのなら、ケチらずに税理士と契約しておきましょう。

 

page top