フリーランスは金銭管理が命!?よりお金にシビアな世界で生きるには

フリーランスになったら、時間の管理だけでなくお金の管理も非常に大事です。会社員でもそれは変わらないように見えますが、フリーで働いていると、お金が尽きるとなにもできなくなります。そうならないために、普段の行動が大切なのです。

金銭管理
title

お金がなぜ重要なのかを落ち着いて考える

お金

良く「お金のことばかり考えてはダメ」という一般論を聞きますが、社会人として生きれば生きるほど、これは理想論の域を出ないといわざるを得ないでしょう。なぜ、それくらいお金が重要なのでしょうか? 私たちの生活というのは、お金の消費によって成り立っています。住む場所や食べるもの、病気や怪我をしたら受けることになる治療等々…どれもお金がなくては、満足に得られないものですね。 ゆえに会社員であってもお金の管理は大事で、無駄遣いをしすぎていると、生活基盤の確保が難しいですね。そしてフリーランスの場合はなぜもっとシビアなのかといえば、このお金を得る方法に問題があるからなのです。

 

フリーランスは不測の事態に弱い?

例えば会社員の場合、完全歩合制でもない限り、毎月の仕事量に関わらず定額の給与がもらえるでしょう。これは一見して当然のことなのですが、フリーランスの境遇からしてみると、恵まれているといっても間違いではありません。 フリーランスというのは、仕事をした分だけお金になります。そう表現すると聞こえが良いのですが、逆にいえば『仕事をしないとお金にならない』ということです。そして、フリーランスの仕事量というのは、不安定なことも珍しくありません。 ですから,フリーランスだと収入が多い月と少ない月がまばらであり、「今月はお金があるから」といって無駄遣いをしていると、収入の少ない月や病気などの不測の事態に対応することができません。例えば電気代が足りないのにお金が捻出できないと、パソコンが使えなくなり、より一層仕事がもらえなくなります。

 

仕事のためのお金を出せなくなることにも注意!

また、フリーランスは自分の仕事に関わる費用も、原則として自分持ちとなっています。会社員なら会社が用意した機材などを使えば良いのですが、フリーランスなら全て自前で揃えないといけません。 つまりフリーランスにとってお金が尽きるということは、仕事すらできない状態になるといっても間違いではないのです。無駄遣いをすればそれだけ危険が増すということなので、お金の管理は決して適当にしてはいけません。 そうしたことから、フリーランスなら家計簿程度でも良いので、しっかりと支出管理をしておきましょう。家計簿をつけると無駄遣いなどにも気付きやすくなり、自然と節約するようになるというメリットもあります。

 

在庫管理が発生するならもっとシビアになろう!

フリーランスの仕事にはさまざまな種類がありますが、転売やネットショップといった小売業を行うのなら、必然的に在庫を抱えることになるでしょう。そして在庫を仕入れるにはお金が必要で、その在庫がさばけない場合、残るのは赤字だけですね。 従って,小売業を行うなら、より一層いざという時に備えて、お金を貯めておくようにしましょう。無駄遣いなどはもってのほかで、余裕はあればあるだけ良いくらいに考えてください。 逆に、ライターなどでデータのみのやり取りなら、在庫の不安はありません。ただしパソコンの買い替えや修理などが発生しますので、余裕が不要というわけではなく、会社員に比べるとよっぽどシビアです。 自分のすべき仕事はなにか、そしてどれくらいの元手が必要になるか…それを常に意識しておき、お金の管理を怠らないようにしましょう。

 

page top