体調管理は万全に!フリーランスで不健康にならないためには

フリーランスになると自由な時間が大幅に増えますので、つい好き勝手に動きたくなりますよね。ですが、自制もせずに生活リズムを乱していると、いつか大きな病気につながることもあります。長くフリーランスを続けるなら、健康維持もコツの一つです。

体調管理
title

知らないうちにハマってしまうフリーランスの罠とは?

フリーランスの罠

フリーランスになった人がよく口にするのは,「体重が増えてしまった…」だったり、「不規則な生活リズムになった…」だったりです。どちらもお世辞にも良い傾向とはいえず、むしろ悪い状態だといえましょう。 もちろん、中には「フリーランスになってから風邪も引かないし健康的で最高!」というコメントもあります。特に今は,ブラック企業が話題に挙がるほど、きつい職場も多いですよね。そちらからフリーランスに鞍替えすれば、確かに天国でしょう。 ただし、どんなに良い環境であっても、最終的にはその人次第で良くも悪くもなります。最初に話したように、フリーランスになって健康的でなくなった人は、何が原因だったのでしょうか?

 

自由な生活が招く生活リズムの悪化について

フリーランスとして仕事をしている人の中には、「夜は一番仕事が進む」という発言が意外と多いです。つまり、フリーランスは夜型人間になりやすいということですね。 ここがまず最大の理由で、『フリーランスは生活リズムが自由に組み立てられるので、つい夜のほうが進むと勘違いして、気付いたら不規則な生活になっていた』というものです。 人間は本来、夜寝て朝起きる生き物です。それゆえに夜型人間になってしまうと、抵抗力にも悪影響が生じてきて、大きな病気もしやすいのです。 さらに、夜型の人間は運動不足が多いです。夜だと外を歩いたり走ったりするには危ないですし、ご近所は眠っているので音も立てられず、結局スポーツ向いている朝は寝ている…これでは運動なんてできませんよね?

 

フリーランスなら意識して生活リズムを整えよう!

そうならないための対策は、さほど難しくはありません。まずは『普段から寝る時間と起きる時間を大体固定』しておき、『定期的な運動を生活に取り入れ』てみましょう。 例えば寝る時間の固定は、「夜は11時には寝て、朝は7時くらいには起きよう」と決めるだけでOKです。実践するには,夜は早めにパソコンの電源を落とすようにして、朝は眠くてもセットしたアラームで起きるように心掛ければ良いため、特別なアイテムを購入する必要はいりません。 ただ、運動だけは仕事の合間を縫う必要もありますので、忙しいとランニングなどは難しいかもしれません。その場合、エアロバイクなどを導入しておくと、室内で空き時間を利用して運動ができます。お手頃価格のものでも良いから、試しに買ってみましょう。

 

休日もきちんと作るのができるフリーランスです!

フリーランスだと自分が好きなことを仕事にできますから、つい「休みなんかなくてもへっちゃらさ!」と働きまくるかもしれません。ですが、そんなことをしていると体を壊すというのは、落ち着いて考えれば分かるでしょう。 フリーランスといえど、心身ともに休める時間は必須です。体ももちろんそうですが、恋人と会う時間を取れば心も充実して、より一層アクティブに仕事ができるでしょう。 また、恋人と忙しくて普段は会えず、夜の営みもご無沙汰だと「久しぶりでちゃんとできるかな…」と不安になるかもしれません。その場合は、事前に専門クリニックを訪ねて、バイアグラを処方してもらってはどうでしょうか? 特にジェネリックタイプは財布に優しく効果もあるので、久々の熱い夜を、最高に盛り上げてくれます。そして夜が明ければ、すっきりとした気持ちで仕事に励むことができるでしょう!

 

page top