スキルを安売りする必要はない

フリーランサーの場合、最初は仕事を受注するだけの立場になるでしょう。専門的なスキルを持っている場合は、受注だけでもそこそこ稼げるようになります。ただし、「スキルを安売りしない」という条件が必要になるでしょう。

スキルを安売りする
title

【向こうは安値で買ってくる】


安値

あなたが発注する立場の人間なら、やはりコストを抑えたいと考えるでしょう。自然な考えなので、それ自体が悪いというわけではありません。しかし、相手のいいなりになるばかりではじり貧になってしまうことも多いようです。

相手が提示してくる金額で納得できるなら、そのまま受注しても良いでしょう。しかし納得できないのにOKを出すことは考え物です。

たとえば、「段階的に報酬が上がる」という条件付きであれば、最初は低い金額でも構いません。しかしずっとその金額のままでは、あなたが大きく稼げることはないでしょう。

その場合はそのクライアントを見限って、そこより良い条件を提示しているクライアントを探してみましょう。

ただし同じ難易度の案件でも、高い報酬を提示してくるクライアントは「求めてくる仕事の質」も高くなると考えてください。「安かろう悪かろう」の感覚が通用しない世界です。したがって今以上に努力を重ね、相手が求めるレベルの仕事をコンスタントにこなせるスキルを身に付けておきましょう。

 

【スキルの安売りはやめておこう】


よほど専門的なスキルでもない限り、「あなたでなくても、他の人でも良い」という状況もあると思います。そうなると、フリーランサーの中には「仕事を取るために自ら報酬を下げてくる」ということもあります。

しかし、これはオススメできる方法ではありません。たとえそれで仕事を受注できたとしても、先方は「あなたの報酬額の安さ」に魅了されて発注したことになります。したがって後の報酬交渉が難しくなり、段々と足下を見られて不利になってしまいます。

このようなスキルの安売りをしているようでは、あなた自身がフリーランサーとして成功できる可能性はほとんど残されていないでしょう。

いかがでしょうか?フリーランサーとしてステップアップするということは、スキルをアップさせるだけでは不十分です。スキルアップとともに報酬が増えてこそ、本当のステップアップと言えるでしょう。

だからこそ一定の交渉能力も求められますし、「今のクライアントを見限る」という勇気が必要になることもあります。そうして初めて、徐々に成功者への仲間入りを果たすことが可能になってきます。

物事をハッキリ言うのは簡単なことではありませんが、自分の腕に自信があるなら、黙っていないでちゃんと交渉するようにしてください。

 

page top