フリーランスとしての働き方を今一度見直してみよう

これから先、自分はどんな環境の中で仕事をしていったらいいのか、ふと考えるときがありますね。サラリーマンとして勤めていたほうがいいのか、それともフリーランスで働いたほうがいいのか、見極めるときが来た方に知っておいてもらいたいお話です。

フリーランスとしての働き方
title

ノマドとは?

ノマドとは?

英語で遊牧民という意味のある言葉「ノマド」。特定の会社に毎日通勤して仕事をするのではなく、自宅やカフェなどでノートパソコンなどを使って仕事をするやり方を意味しています。無線LANエリアがあちこちに増えてきたことで、職場に居なくても仕事ができる環境が整ってきました。クラウドを利用すればどこにいても必要なデータを確認したり、ファイルをアップしたりすることができるため、ノマドと呼ばれる仕事のスタイルが増えてきたのです。

 

自由なイメージが強いフリーランス

フリーランスはノマドと似ていて、会社勤めをしていないけれど、個人的に仕事を請け負って、仕事場を自宅やカフェにして、自由に仕事をしているイメージがとても強いですね。日本のサラリーマンのイメージとはちょっとかけ離れているでしょうか。会社に縛られているというイメージがあるサラリーマンと、無線LANがあればどこでも仕事場になるという自由なイメージのあるフリーランス。まったく間逆のイメージがあると答える人は少なくありません。

 

フリーランスは向いている人、向いていない人がいる

しかし、自由に仕事をしているというイメージがステキ、と思ったからフリーランスを目指すという安易な発想はオススメできない、という意見が多いことをご存知でしょうか。なぜならば、その人の性格によってフリーランスに向いている人と向いていない人に分けられるからなのだそうです。人間には、フリーランスとして自由な身分だからこそ自分の能力を発揮できる人と、サラリーマンという会社の組織の中にいるからこそ自分の能力を発揮できる人、この二つのタイプがあると言います。自分はどちらの人間なのか、客観的に考える必要がありそうです。

 

自分に自信がある人が多いフリーランス

これは国民性なのかもしれませんが、日本人には心配性の人が多いと言われています。そのため、日本人はフリーランスに向いていないのでは? と見られていますが、日本人の中にも自信家、野心家の方は大勢います。やはり、必要以上に心配性でなかなか前につき進めない人は、フリーランスには向いていないと言われています。石橋をちょっと叩いて安全を確認したらどんどん突き進めるタイプがフリーランス向きみたいですね。

 

フリーランスになって気付いたありがたいこと

それまでサラリーマンとして働いていたときは気付かなかったけれど、フリーランスになって改めて会社に守られた環境の中で仕事をしていたんだな、と痛感すると言います。そのひとつが保障です。フリーランスになったことで保障がない状態に不安を抱き、体に様々な症状が現れたという方も少なくありません。例えば男性ならEDです。加齢によるものだけでなく、ストレスも原因のひとつと言われています。そのまま放置しておくと症状は悪化しますので、専門機関を受診しましょう。フリーランスという不安定な職業でも、バイアグラのジュネリックなど安価なお薬を処方してもらえば、安心して病院に通うことができます。

時代の変化とともにフリーランスというビジネススタイルが広まってきました。あとは自分に合うスタイル化どうかを見極めるだけですね。

 

page top