フリーランスとサラリーマンはどっちがいいのか

フリーランスとして働いていくのか、それともサラリーマンとして働いていくのか、どちらが自分にとってメリットになるのか考えたとき、どちらにもメリットがあるため難しい選択だと感じる方も多いようです。

サラリーマン
title

フリーランスの意見

フリーランスの意見

・自分の頑張り次第で目に見えて成果が現れる。会社で成果を出したからといって、それが必ず評価されるとは限らない。

・フリーランスなら、時代に合わせて仕事を請け負っていけるが、今の時代は大企業でも将来が保証されているとは言い切れない。

・フリーランスであれば様々なものを経費として申告できるが、サラリーマンの場合は無駄なものが給料から天引きされても文句は言えない。

・フリーランスは自分の仕事場を自由に選ぶことができる。サラリーマンは家と会社の往復になり人間関係によるストレスが負担になる場合もある。

 

サラリーマンの意見

・身分が安定しているので保障がある。病気や怪我をした際でも会社が助けてくれるけれど、フリーランスは保障がないため不安。

・社会的に信用があるので、クレジットカードの発行やローンを組む際に有利になる。フリーランスでは信用度が低い。

・会社に行けば仕事があり、それをこなすことで給料がもらえる。フリーランスは自分に仕事が来なければ1円の収入も見込めない。

 

10年後の自分を想像してみる

これまで過ごしてきた人生を振り返ってみたとき、何かを成し遂げてきた達成感よりも、本当ならできたことをやらずに過ごしてしまったことの後悔のほうが強く思い出されると言います。それを踏まえて考えると、10年後の自分が今の自分を思い返してみたとき、「どうしてあのとき行動に移さなかったのだろう」と後悔する確率がとても高いということになります。迷ったり悩んだりしていて、気持ちの整理がついていないという場合は、できるだけ早く自分の気持ちに整理をつけて、行動に移したほうがいいのかもしれません。

 

人生の残り時間を考えてみる

あまり考えすぎると悲観的になってしまうという方もいますが、残りの人生を考えたらこのままではダメだと腹をくくる人も多いようです。やはり誰もが自分の人生を後悔したくないんですね。いま自分が置かれている立場に不安を覚えたら、10年後の自分、もっと先の自分を思い描くことで、これからどういう人生を選択していけばいいのか、道筋が見えてくると言います。まだまだ先は長いから焦る必要はないと思うか、先が長いからこそ今から今後のための準備のために足固めをしたいと思うのか、人それぞれかもしれません。もちろん焦る必要はありませんが、じっくり考える時間を設けてみると今後の人生設計を立てやすくなるかもしれませんね。

残りの人生をどのように過ごしていくか、フリーランスとして生きていくことも、サラリーマンとして生きていくことも、自分にどちらが合っているかを見極めることができたら、どちらもメリットが大きいと感じることでしょう。重要なのは、自分を知ることなんですね。

 

page top