フリーランスは事務所を構えたほうがいいの?

フリーランスとして仕事をするとき、自宅で仕事をした方がいいのか、それとも事務所を構えたほうがいいのか悩む方も多いようです。自宅と事務所、それぞれのメリットとデメリットを把握して、どちらが自分に合っているのか選択しましょう。

事務所
title

事務所を借りたときのメリットとデメリット

事務所

・自分の会社を依頼者にPRしやすい
・レンタル事務所なら経費を抑えることができる
・事務所の位置がはっきりしていると依頼者の信頼が得やすくなる
・従業員が必要になったときでも事務所で働いてもらえる

これらがメリットとしてあげられています。仕事をするスペースが確保できることは、効率よく仕事をこなせるというメリットもあり、精神的に安定した環境を生み出すことができます。

・通信環境がいいか悪いか分からない
・事務所の賃貸のほかに自分の家の家賃もかかる
・借りてみないと事務所のよさが分からない

これらはデメリットとして言われていることです。事前に念入りな下調べが必要になるので時間が勿体無い、と感じる方も多いようです。ただしどれも下調べをすれば問題解決できますが、難しいのが騒音問題なのだとか。時間帯や時期によってうるさくなる可能性もあるため、一日だけでなく別の日、別の時間帯の騒音状況を調べる必要がありそうです。

 

自宅で働いたときのメリットとデメリット

・時間を自由に使って仕事ができる
・急用が入った場合でもすぐに対応できる
・自分のペースを守って仕事をこなすことができる
・仕事が終わったらすぐにオフ状態になれる

これらがメリットです。やはり「時間」という部分でのメリットが大きいようですね。時間にとらわれずに仕事をしたいという方は自宅を選ぶようです。小さいお子さんがいた場合でも、自宅なら時間を気にせず仕事に没頭できますからね。

・プライベート空間なので急な来客がある

これがデメリットです。仕事に集中しやすい環境とは言いがたいみたいですね。また、自宅だからこそ集中力が欠けて、仕事の効率が悪くなるという声も多いようです。

 

効率よく仕事を進めるために必要な時間管理

フリーランスとして成功させるためには、時間の管理ができるかどうかが大きな鍵になるようです。あらかじめ何時から何時まで仕事をする、この時間までこの仕事を終わらせるなど、毎日目標を決めて仕事にとりかからないと、ただ時間を無駄に過ごしてしまう可能性が大きくなります。フリーランスとして成功している方のほとんどは、時間の使い方がとても上手です。それは事務所を借りても自宅で仕事をしても同じことが言えるみたいですよ。

どうしてもこの時間帯、この曜日は仕事ができないという日は、思い切って休日にするといいそうです。もちろん急用が入ったとき話は別ですが、そうすることでメリハリができて、次の仕事の効率がアップするのだとか。時間管理が上手いかどうかがフリーランスとして成功するかどうか分かれ目なんですね。

人によって事務所を構えたほうがいい人、自宅で仕事をしたほうがいい人にハッキリ分かれるようです。どちらの場合も時間管理がカギになるので、計画的に仕事をこなしていくことを心しておきましょう。

 

page top