汗水たらして働く時代の終末

身を粉にして働く時代は終わりを迎えています。では、これからの時代はどのようにして働くべきなのでしょうか??あなたなりの答えを見つけるヒントが見つかるかも!?

汗水たらして働く時代の終末

【単純労働か、知的労働か】


もしあなたが単純労働やルーチンワークが好きなら、敢えて独立することもないでしょう。フリーランスで働くからには、単純な業務を外部から請け負っても収入は上がりません。むしろ足下を見られて安く費用を抑えられてしまう可能性の方が高いのです。

知的労働

フリーランスとしてある程度の収入を確保するのであれば、断然知的労働がおすすめ。つまり「脳みそに汗をかく」仕事です。その道でどんどん専門家として育っていけば、顧客から選ばれるのでなく、こちらが客を選べるようになる可能性もあります。そうなればあなたの価値は会社員時代とは比べものにならないくらいに高くなり、高収入のチャンスが手に入るといえます。

【フリーランスで稼げる仕事とは??】

脳に汗をかく、知的労働者としてのフリーランスの方は、実際のところどんな仕事をしているのでしょうか??フリーでも出来る仕事をいくつか挙げてみました。

パソコンを持っていればできる仕事ばかりなので、場所を選ばず働く事が出来ます。インターネット関連の仕事が多いのは、昔ならとてもひとりでは出来なかった作業をパソコンとネットのインフラがあれば誰でも簡単に行うことができるからです。本来のビジネスセンスはもちろん必要ですが、そこにネットの世界独特のノウハウをプラスすることで、たとえ一人でもリアル店舗のような規模で商売をはじめることができます。

しかし、ネットビジネスの世界は危険が多いことも事実。いかさま商材を売りつけようとしるハイエナを見極めて、まっとうな商売をする必要があります。例えばバイアグラなどの医薬品は、処方箋が必要なものについてはネット販売が本来できないもの。堂々と個人輸入で格安販売しているとうたっているサイトが多数ありますが、ほぼクロとみて間違いないでしょう。いかに素顔の見えにくいネットの世界とはいえ、信用が商売に大きく影響することには変わりありません。くれぐれも用心してください。日本国内ではバイアグラの特許切れが迫っていて2014年の春~夏くらいにバイアグラのジェネリックが登場すると言われていますので、それまで個人輸入というリスクは避けるのが賢明でしょう。⇒日本国内のバイアグラジェネリックの動向について

これからの時代、会社が守ってくれる保証はどこにもありません。大手企業でも、大量のリストラや倒産などをしている会社もあるほどです。覚悟があれば、脳に汗をかく仕事も視野にいれてみては??

page top