まだまだ必要?アナログなスケジュール帳が役立つ理由

最近のスケジュール管理といえば、スマホアプリを使ったデジタル形式が人気になりましたね。ですが、アナログ手帳での管理もまだまだ利用されており、特にフリーランスなら紙だからこその利点にも注目です。

アナログなスケジュール帳

フリーランスは時間を守れないと成立しません

フリーランス

社会人なら誰でも同じだと思うかもしれませんが、フリーランスとして仕事を継続するのなら、より一層時間管理はシビアにならないといけません。納期や打ち合わせの時間に遅れると、どうなると思いますか?

フリーランスで仕事を依頼されるには、まず信頼されることが欠かせません。社員と違って外部の人間に仕事を頼むわけですから、当然といえば当然ですよね?それなのに時間を守れない人に、仕事が任せられるのでしょうか?

答えはもちろんNOで、時間を守れないと仕事がもらえないどころか、下手をすれば損害賠償にすら発展します。ですから,信頼を得るにはまずスケジュール管理が大事です。スマホのアプリなどが人気なのですが、アナログ手帳にこだわる人もいることに注目してみましょう。

 

見たいときに気軽にチェック!アナログ手帳の利点とは?

スマホやタブレットでスケジュール管理をしている場合、「そういえば、次の納期はいつだっけ?」と見返すとき、どんな操作が必要ですか?まずはスリープを解除して、目的のアプリをタップして…というのは、そのうち面倒に感じるでしょう。

ですがアナログなスケジュール帳の場合、見たいときに気軽にチェックできます。常に手の届く範囲に置いておくと、さっとページを開いてすぐに確認が取れますね。

「手帳を開くのとそんなに大差ないのでは?」と思うかもしれませんが、毎日チェックするものですから、このわずかな差も積み重なり、やがて大きな時間の節約につながるのです。時は金なりといえる、フリーランスならではの重要ポイントですね。

 

電池の心配は不要!紙とペンで作るからこその安心感

スマートフォンは随分と進化しましたが、かつてのガラケーに比べると、まだまだバッテリーには不安がありますよね?そしてスケジュールを全てアプリで管理している場合、出先でバッテリー切れなどになれば、予定管理もままなりません。

しかし、アナログ手帳にはそんな不安はないでしょう。紙とペンで構成された内容に電源は不要で、仮にスマホの電池が切れても、予定管理への支障はなんらありません。

また、電池切れ以外にも故障リスクが常に存在するのが、スマートフォンなどの電子機器の宿命です。こうした不測の事態に備える意味でも、アナログなスケジュール帳には強みがあるのですね。

 

抜群の自由度があるアナログ手帳を使いわけよう!

また、スマホのアプリだとカレンダー管理くらいしかできなくとも、紙のスケジュール帳なら「カレンダーは最低限にしてメモを多めにセットしておこう」という、柔軟な構成に切り替えられます。

とはいえ、デジタルアプリならではのテンプレート機能や色分け、検索用のタグ付けなど、アナログにはない利点もあります。そうなると、理想は『デジタルとアナログの併用』ですね。

デジタルでささっと記入しつつ、落ち着ける時間になったらアナログで整理する…こうしたスケジュール管理を駆使して、フリーランスとしてもっと活躍できるようになりましょう。

 

page top