家計簿で変わるフリーランスの生活スタイル

家計簿は主婦がつけるもの…そう思い込んでいませんか?フリーランスの場合,家計簿をつけつことは必須といっても過言ではありません。なぜフリーの仕事で役立ってくるのか、その仕組みを理解しておきましょう。

家計簿
title

プライベートと仕事の金銭管理が大事なフリーランス

金銭管理

フリーランスというのは、自分のお金がプライベートでも仕事でも使われています。会社員であればプライベート面の管理だけをすれば良いのですが、フリーランスは自分のお金を元手にして仕事をするので、そうはいきません。

だから,入ってきたお金を管理することは、自分個人の出費から事業経費の支出にまで関わっていますので、重要さも違ってきますね。仕事で使いすぎれば生活がおろそかになり、プライベートで使いすぎると仕事ができなくなりますから、バランスをとることは必須です。

そうした場合に家計簿ですが、「家計簿ってどんな風につければいいのか検討もつかない…」って思っていませんか?実は、軽く触れる程度なら簡単なのです。

 

まずはノートとペンで十分!家計簿はすぐに開始可能です

家計簿を初めてつけるというのなら、難しく考えなくて大丈夫です。どこでも手に入るようなノートとペンさえあれば、すでに最低限の準備は終わっており、後は収入と出費の明細があれば問題ありません。

ノートに入ってきたお金と出ていったお金を記入していけば、とりあえずの家計簿が完成します。収入と出費に分けて計算しておけば、赤字か黒字かが大雑把とはいえわかるのですから、家計簿といっても差し支えありませんね。

ただ、大雑把な家計簿だとプライベートならともかく、仕事の支出管理としての力不足は否めません。家計簿の仕組みがなんとなくでも掴めたのなら、次のステップに移りましょう。

 

スマホアプリは手軽で本格的に家計簿がつけられる!

手書きの場合はすぐに始められますが、やはり集計などの面倒さもあって、続きにくいという声も多いです。そこで利用したいのが、スマホの家計簿アプリです。フリーランスなら必需品でもあるスマートフォンには、家計簿向きのソフトウェアも無数にあります。

同じデジタルな管理ならExcelなどを使っても良いのですが、家計簿専用アプリなら余分な機能も設定もありませんので、気軽に開始できる上に、集計などは自動で行えます。手書きの面倒な部分を自動化できるのは、長く続ける上でかなり大事な部分です。

さらに、スマホは常に手元にありますので、「出費があったけど後でつけると忘れるから、すぐに記録したい」という要望にも応えます。スマートフォンはさまざまなことを効率化してくれるのですが、家計簿であってもそれは例外ではありませんね。

 

家計簿は必ず定期的に読み返そう!

家計簿の目的というのは、『お金の流れを知ることで、無駄を減らして貯金を増やす』というものです。そうなると大事なのは、定期的に家計簿を読み返すという習慣ですね。

家計簿を仮につけていたとしても、一切読み返さないというのであれば、自分のお金の現状が把握できていないので、意味がないのは当然です。

ですがこまめに読み返していると、「ここの出費は無駄だったなぁ…」と気づいたり、「今月は使いすぎたから残りは節約しておこう」と心がけたりすることもできます。

家計簿をつけて読む、この習慣をフリーランスなら心がけておき、より一層仕事での収益を有効活用していきましょう!

 

page top