なぜフリーランスはMac利用者が多いのか?

仕事で使われているパソコンといえば、やっぱりWindows搭載機が目立ちますよね?ですが会社員ではなくフリーランスの人の使用パソコンに目を向けると、想像以上にMacが多くなっています。なぜフリーで働く人にMacが多いのか、その事情を詳しく見ていきましょう。

Mac

フリーランスが増えたことで目立つパソコン事情

パソコン

パソコンというのは大きく分けると、WindowsとMacに分類できます。Windowsだとハード部分はさまざまなメーカーが作っていますが、MacはソフトもハードもAppleが手がけているため、シェアの差は一目瞭然です。

Windowsは世界中に普及しており、それは日本でも例外ではありません。さまざまな企業でWindowsパソコンが利用されており、一般の会社員なら退職まで、Macに触れることはないかもしれません。

ですが、働き方が変わってフリーランスが増えると、仕事でMacを使うという人が目立つようになりました。単純に考えれば、「なんで世界的に採用されているWindowsを使わないの?」と思うかもしれません。しかし、実は個人ユーザーなら十分ビジネスでも通用する環境が、ここ数年で整ってきているのです。

 

ファイルの互換性はもう十分?Officesoftも備えるMac

仕事の内容によりけりではありますが、「WindowsとMacではOSの違いがあっても、大抵のファイルで互換性が向上している」という点で,今やどちらを選んでも仕事に差し支えが出ることは少なくなっています。例えば画像などもそうですし、書類でよく使うPDF形式なら、双方で問題なくやり取りできます。

そして仕事で重要なOfficesoftについても、Windowsはもちろんのこと、MacでもMicrosoft謹製のOffice互換ソフトが販売されています。WordやExcelといった仕事で欠かせないソフトが、双方でほぼ問題なく動作するのは、非常に嬉しいところですね。

パソコンでの仕事は実質的に、こうしたファイルでのやり取りだといっても過言ではありません。それが双方で問題なくできているのなら、使っているOSもマシンも関係ありませんね。

 

実はコストパフォーマンス良好?Macの隠れたポイント

フリーランスとして仕事をしているのなら、パソコンというのは自分が好きなものを選べますね。となると値段に関してもしっかりとチェックすると思いますが、「できれば値段以上の価値が欲しい…」と考えるのは当然です。

実はそうした視点でパソコンを見ると、「Macは同価格帯のWindowsに比べると、処理が早く長く使える」という利点があります。Mac=高いというイメージが強いだけあって、これは簡単には信じられないかもしれません。

ですが、Macは3万円程度の低価格帯が存在しないだけであり、中価格と高価格の製品であれば、同じ値段のWindowsよりも優れている…というのが現実なのです。

フリーランスならパソコンで行う作業もさまざまなので、性能に余裕を持たせるとしたら、Macのほうが好ましいケースが多いのですね。

 

MacはWindows機にもなる!?2つのOSが使える機能

そして極め付けは、「MacならWindowsOSも一台で使用できる」というのがポイントですね。Macにはブートキャンプという機能があり、これを使うことで好きなほうのOSが起動できるようになりますので、双方の良いとこ取りだってできるのです。

さらにMacは「デザインが格好良い!」とか、「OSアップデートが毎回無料」など、好きなパソコンが使えるフリーランスだからこそ享受できる魅力がたくさんあります。

今までMacに興味がなかった人も、フリーランスとして独立したのなら、一度利用を検討してみましょう!

 

page top